top of page
  • くるみ

「RRR」

日本でも大きな話題を集め、ロングランヒットとなった「バーフバリ」シリーズのS・S・ラージャマウリ監督が、英国植民地時代の激動のインドを舞台に、2人の男の友情と使命がぶつかり合う様を豪快に描くアクションエンタテインメント。 1920年、英国植民地時代のインド。英国軍にさらわれた幼い少女を救うため立ち上がったビームと、大義のため英国政府の警察となったラーマ。それぞれに熱い思いを胸に秘めた2人は敵対する立場にあったが、互いの素性を知らずに、運命に導かれるように出会い、無二の親友となる。しかし、ある事件をきっかけに、2人は友情か使命かの選択を迫られることになる。

2022年製作/179分/G/インド 原題:RRR  配給:ツイン


久々に見ごたえのある外国映画を観た。今まで見た映画のベスト3に入る映画です。

背景がしっかりしていて、イギリスの植民地時代からいかにインドが独立を勝ち取ったのかが、わかるような映画でした。映画に出て来る主人公が実在の人物であると後で調べて驚いた。本作品は誇張しているが、独立運動を抜きにしても楽しめるエンターテインメントの映画です。

「バードシャー テルグの皇帝」のN・T・ラーマ・ラオ・Jr.がビーム、ラージャマウリ監督の「マガディーラ 勇者転生」にも主演したラーム・チャランがラーマを演じた。タイトルの「RRR」(読み:アール・アール・アール)は、「Rise(蜂起)」「Roar(咆哮)」「Revolt(反乱)」の頭文字に由来する。第95回アカデミー賞ではインド映画史上初となる歌曲賞にノミネートされた。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page