top of page
  • くるみ

【あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら】

更新日:2月7日

SNSを中心に「とにかく泣ける」と話題になりシリーズ累計発行部数 7 0 万部を突破した汐見夏衛によるベストセラー小説を映画化し「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」(スターツ出版文庫)。戦時中の日本にタイムスリップした現代の女子高生と特攻隊員の青年の切ない恋の行方を描いたラブストーリー

親にも学校にも不満を抱える高校生の百合は、進路をめぐって母親とケンカになり、家を飛び出して近所の防空壕跡で一夜を過ごす。現代の女子高生・百合が、1945年の日本にタイムスリップし、そこで出会った彰にどんどん惹かれていくが、彼は特攻隊員だったという、この世代を問わず泣ける原作が、NHK連続テレビ小説「舞いあがれ !」(22~23)を始め主演作が相次ぐ福原遥、「中学聖日記」(18/TBS)での鮮烈なデビュー後、NHK 連続テレビ小説「ブギウギ」(23)など話題作への出演が続く水上恒司をW主演に迎え、感動の映画化。


そして主題歌は、福山雅治による書下ろし新曲「想望」。壮大なバラードが映画のラストを彩る。


特攻隊を題材にした作品なので観る人は中高年の人が多いのかなと思っていたが、中高生が多いのに驚いた。検索したらSNSを中心に話題になった作品だと書かれていて納得した。主演二人の演技が爽やかで物悲しい話なのに未来に向かっての勇気を出させるような、背中を押してくれるような、決して涙だけで終わらない作品である。







閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page