top of page
  • くるみ

癒される映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

 昭和30年代の東京の下町に暮らす人々の悲喜こもごもを描いた作品で、戦後19年がたち復興を遂げた日本の高度成長真っ只中の夕日町三丁目の暮らす茶川家を中心に展開される庶民の暮らしをほのぼのと描いた作品です。

2005年11月上映、西岸良平漫画「三丁目の夕日」原作を山崎貴監督、脚本家古沢良太、主演は吉岡秀隆。

<あらすじ>

 昭和30年代の東京の下町に暮らす人々の悲喜こもごもを描いた作品で、戦後19年がたち復興を遂げた日本の高度成長真っ只中の夕日町三丁目の暮らす茶川家をを中心に人情あふれる下町を描いて(吉岡秀隆)を中心に描いている。鈴木オート家に集団就職の為上京してきた穴子(堀北真紀)が初々しく可愛いです。


<その他癒される作品>

・「俺はまだ本気を出していない」堤真一演じる主人公が漫画家を目指す話でとにかくゆったりゆるい作品で癒されます。

・「阪急電車」片道15分の今津線の中で起こるやりきれない思いや悩みを抱えた人々が織りなす物語。浮気をされ結婚破棄をされたOLを中谷美紀が演じている。悩んだり苦しんでるのは自分だけじゃないと思わせてくれるほのぼのとした映画です。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page