top of page
  • くるみ

「チケット・トゥ・パラダイス」

ジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニーが、製作にも名を連ねる数えて5本目の共演作。それで、演じるのは愛する娘が危険な結婚をするのを阻止するため、一緒に旅することになる元夫婦、と来れば、これはもう仕上がりは安定、安心の最たるものだろう。当然、離婚するほどソリが合わなかった2人が、例え同じ目的で共闘しようとしても上手くはいかないだろう。それでもまあ、不幸な結末は迎えないだろう。


しかしその反面、脚本に綴られた定石的な展開に独特のペーソスを互いに書き加えつつ、いつしか、上質のケミストリーを発揮し始めるあたりは、この 2人ならでは。そんな空気を存分に吸い込んで、スター映画、それも、昨今珍しいラブコメの気楽で心地よい気分に浸れる貴重な時間が、この映画にはある。

物語の舞台であるはずのバリ島がどう見てもバリ島には見えず(ロケ地はオーストラリアのクィーンズランド州)、バリ島のエスニックカルチャーがいかにもツーリスティックなところも気になるが、そんな大人の事情を差し引いたとしても、パンデミックの最中に本作が無事に公開された喜びに、しばし浸りたいと思うのだ。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page